×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×初めての自作パソコンでブルースクリーンが出たら?

自作パソコンは自分の好みのパーツを使って組み立てられるのがメリットですよね。
値段を安く抑えられることもあります。そういったことから自作を始める方は多いと思います。



・・・なんでこんな事いきなり言い出したかと言うと、うちの自作PCでブルースクリーンが頻発し出したから・・・。

せっかくなので対処法をメモメモ。

まずはメモリーか電源が怪しい・・・。大体はどちらかが問題になっていることが非常に多いです。
電源の容量が足りているかを確認したら、メモリをテストするソフトを使って異常がないかチェック。
結果、メモリがおかしいのが原因だったので、Amazonで注文。


この年末に痛い出費ですわ。ソロソロ買い替えかなぁ。
スポンサーサイト

×IngresがLAWSONと提携?

最近人気のAndroidアプリ、Ingres。
スマホのGPS機能を利用して、地図上のポータルと呼ばれる拠点を繋ぎあわせてフィールドを作っていくゲームです。
このポータルが実際の建物や公園等を使っている為、フィールドを獲得しようとしたら実際に外に出てその建物の近くまで行く必要があります。
その為ただゲームをするだけでなく、1日数キロ歩く事もあるため「エクササイズにもいい」と海外でも人気になっています。

そんなIngresですが、11/15からポータルにコンビニのLAWSONが登録されるようになったそうです。
参加者が登録したと思われていたそうなんですが、LAWSONのロゴも表示されているのでどうも提携して店舗が登録されたと言われています。
(全店ではなくフランチャイズ系は登録されていなかったりしているそうです)

アメリカでもドリンクショップやレンタカー屋といった企業との提携があるそうです。
町中を歩く→喉が乾く→ドリンクショップでジュースor車を借りて移動って感じでしょうかね?

LAWSONと提携も同じように飲み物やご飯を買う事を前提にしているんでしょうか?
確かにコンビニならいろんな所にあるからいい考えのように思います。
これから他の企業も提携するとお店の取り合いになりそうですね。

×19年間存在していたwindowsの脆弱性ってすごい

Window95時代から存在していたセキュリティホールを発見、修正されました。
見つけたのはIBM。マイクロソフトと協力して、存在が公になる前に修正完了したそうです。

このセキュリティホールを使うと、最悪パソコンが乗っ取られる可能性があったそうです。
毎月結構な量のアップデートが走っているのにこんなに長期間見つからなかったと言うのは正直驚きです。
まぁ3.0時代から含めるとすでに20年以上立っているので、ここまで長期間ってのは分かるんですが、前のバージョンを組み替えて新しいWindowsを作っていたんですね。

×YouTubeの新サービスは音楽定額配信

動画投稿サイトのYouTubeが広告を非表示にして音楽を楽しめる有料サービスを始めました。
最初はイギリスやスペイン、アメリカ等でテストされるそうです。
テスト期間は無料で利用でき、課金開始後も900円程で利用できる予定です。

海外だと他にもAppleなんかが同じようなサービスをしていますよね。
以前はCDで音楽を購入していたのが、今はこうやって手軽に音楽を楽しめるようになりました。

ただ、これって音楽業界的にどうなんでしょうね。
何か作品を作るってことは人が動くということで。そうなればもちろんお金がかかります。
今まではいい曲を聞く為にCDを買っていました。
でも今ではこういった有料配信やYouTubeのような無料の動画サイトで(ホントは違法ですが)タダで聴くことができます。

そうなってくると曲を作る人達がどんどん減っていくと思うんですよね。
聴く側にとっては支払うお金が少ないのはいいことなんですが、なんというか今の状況が作り手に対して正しい対価を支払っているのか正直疑問な所があります。

こういった便利なサービスが出てくるのは嬉しいし、楽しみではあるのですがこれがどういった形で作り手に還元されるのかが気になります。

まぁ握手券の為に大量に買ったCD捨てるなんてのは問題外ですが・・・。

×あきっぱがバレーパーキングをスタート

と、言ってもあきっぱと言うサービスが何か知らなかったので調べてみたらこんなサービスでした。

Akippa
http://www.akippa.com/

個人や月極駐車場の開いている時間を提供するサービスを展開しているそうです。
値段的に面白いのと、出かける場所が決まっているなら事前に予約できるのは確かに便利かも。

そして今回提供されるバレーパーキングというサービスなのですが、簡単に言うと「専門のドライバーが車を預かっておいてくれる」サービスのようです。
利用者は事前に登録し、当日現地でドライバーと待ち合わせて車を引き渡します。
その後、ドライバーは車を駐車場まで移動。利用者は用事が終わったら待ち合わせ場所で車を受け取ります。
利用可能襟は東京と大阪の一部地域となっていますが、その地域が日本武道館や大阪城ホールといったイベント会場が中心なので、イベント参加者を狙ったサービスのようですね。

確かに車で行こうと思っても駐車場が見つからないので、そういった意味でも狙い目だと思います。
会場前で待ち合わせて車を預けて、帰りに会場前まで車を持ってきてもらえる・・・って考えるとすごい便利ですね。

Akippa Plus
http://www.akippa.com/plus/

×Chromebookが発売されます

今年の1月にアメリカで発売されたChromebookですが、日本でも本日から発売されます。
メーカーはDELL。元々企業向けでは発売していましたが、今後は家電量販店や大手通販でも発売されるそうです。

WINDOWSやMacとどこが違うのかというと、データやソフトウェアは全てクラウド上に保存します。
その為、ネット環境に接続している事が前提です。オフラインでも使用できるそうなんですが、データの同期やらがややこしそう・・・。
あと、起動時間とシャットダウンの時間はわずか数秒なんだそうです。更にセキュリティ関係も標準で搭載されているのでセキュリティソフトを別途購入する必要もありません。

こうやって聞くとすごい使いやすそう!・・・と思うんですが、気になるのが「ネットワーク接続前提」と言うところ。
無線LANとBluetoothで通信することになるんですが、SIMスロットは搭載されていません。
ネットワーク前提なんだから、いっその事SIMセット出来るようになっていればよかったのになぁと思います。
どうせモバイルルーター持って移動する事になるんだから、内蔵してくれた方がスッキリしそうなもんなんですが。

CPUが Celeron、メモリは2GBとスペック的には外で文書やちょっとしたブラウジングって程度の用途になりそうなんですが、そう考えると3万円って価格もちと高いなぁと感じてしまいます。
それなら中華タブレット+ケース付きキーボードでも近いことできますからね。

アメリカでは急速に普及しているChromebookですが、日本でも流行るんでしょうか?
1万5千円位なら手が出てしまうんですが・・・。

×マンチェスターユナイデットの選手がアニメになりました

カップヌードルでお馴染みの日清がマンチェスターユナイデットの選手を使ったアニメを制作したそうです。
といっても別に1クールとかではなく、30秒のCMですが。

出場選手はルーニー、ファン・ペルシー、ディ・マリアの3選手。
ド迫力なドリブルや大ジャンプからのシュートとどこのキャ○テン翼ですか!?状態。
制作したのは中澤一登さん。この方はキル・ビルのアニメパートを監督した人なんだそうです。


なんで日清とマンチェスターユナイデットがコラボ?と思ったのですが、日清はマンチェスターユナイデットの公式グローバルパートナーになっているそうです。
その為、今回のコラボが実現したんですね。
今はドルトムントに移籍した香川選手が在籍していたら、一番時間が多かったのかなぁと思ってみたり。
それより万田酵素とかも香川選手狙いでスポンサーになったのにいなくなってどうするんで・・・おや、こんな時間に人が。

×Project Araにパルスオキシメーターのモジュールが提供されるそうです

Project Araにパルスオキシメーターのモジュールが提供されることが開発責任者から公表されたそうです。

ここで問題なのがProject Araって何さ。そもそもパルスオキシメーターって何さ!?って話。


順番に言うとProject Araと言うのはMotorolaが開発しているスマートフォンです。
既存の機種と違うのは各パーツをモジュール化していて、その組み合わせで自分専用のスマートフォンを作れる所。
ベースに大、中、小のパーツをパズルのように組み合わせて作り上げます。
つまり、「バッテリーは大容量にして、CPUは低く」とか、「保存領域は大きくしたい」なんていう個人の要望により近いスマートフォンが作れるわけ。
イメージには自作PCが違いです。

で、パルスオキシメーターってのは私も始めて聞いたんですが、対象者を傷つけずに脈拍や血中酸素の濃度等を計る事が出来る機器の事だそうです。
最近の健康志向に合わせたモジュールなんでしょうかね。
そしてこのProject Araの発売日ですが、2015年後半には消費者に提供できるように努力しているとの話も出たそうです。
数年前からプロジェクト自体は聞こえて来ていましたが、具体的な投入時期が出たのは今回が初めてでは無いでしょうか。
自分だけのまさにオリジナルスマホが作れるProject Ara。早く発売して欲しいです。

×ねこかわいいよねこ

猫飼っている人はわかると思いますが、この時期になって来ると猫ってよく膝の上に乗ってきます。
まぁ甘えたいんじゃなくて、単純に寒いから人間で暖を取ろうって考えなんでしょうが。


さて、そんな気まぐれな猫ですがこんな動画がありました。
外国の男性がトレーニングしているのですが、そこに「遊んでー」とやってくる2匹の猫。
一生懸命腕立てをしている所に「さぁかまえ」と目の前でゴロンと横になる当たり、確信犯ですな。

他にも手の動きが気になったり、男性そっちのけで争い始めたり・・・ともうやりたい放題。
でも、男性も猫が好きなんでしょうね。「はいはい」と優しく撫でています。
とてもやさしい飼い主さんに恵まれて2匹とも幸せそうですがトレーニングの邪魔はしないであげてほしいなぁ。

彼らにはそんな事知ったことでは無いんでしょうが。

×

お掃除ロボットといえばルンバが有名ですが、シャープもCOCOROBOと言うお掃除ロボットを発売しています。
COCOROBOの売りは音声認識機能。ユーザーの声に反応してお返事してくれます。

そんなCOCOROBOの限定版が発売されました。

その名も「プレミアムなCOCOROBO <妹Ver.>」

さすが「目の付けどころが、シャープでしょ」のキャッチフレーズを生み出したシャープさん。
ネット界隈でも「目の付けどころがえぐり込むような鋭角」と大反響。
今年の3月にトライアル版を作成し、11名のモニター募集をかけた所約一週間で1200人以上の応募が殺到したそうです。
そして明るくて気分屋のツンデレキャラ「ココロボちゃん」の声を16歳の木戸衣吹さんが担当しました。

性能自体は市販されている機種と同じですが、収録されている音声はクラウド上の音声データベースから呼び出すので会話パターンはかなりの物で、いろんな会話が楽しめるそうです。
他にもオリジナル機能として「めざましソング」が追加。気分次第で朝歌で起こしてくれる事も「たま~に」あるとか。
ニッセンが銀英伝とコラボした時も、何故か一枚噛んでミッターマイヤー元帥仕様のCOCOROBOを出したりしていたんですが、なんか最近はこの方向を目指しているんでしょうか・・・シャープさん。

しっかし、以前からお掃除ロボットは欲しいと思っていたけど、これはさすがに手が出ない・・・。

それ以上に猫買ってる家はお掃除ロボットは使えないのです。

なぜなら猫って時々ゲロゲロしちゃうんですよね。


夜とか気が付かないうちにやられる時があるんですよね。



そんな所でお掃除ロボットとか動かしていたら大変な事になるんですよね。



水分に反応して拭き掃除してくれるお掃除ロボットとかどこか作ってくれないかなー(チラッ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。